London Walker(ロンドンウォーカー)

London Walker ロンドンウォーカー

イギリス旅行をお得に! 100倍楽しむイギリスの歩き方



 

どこが人気?UK・ロンドンでおすすめの観光地/体験/ツアー/見どころ100
英検準1級・1級合格のための勉強法 | 子育て主婦の奮闘

 

 

ロンドンとアメリカで経験したUberウーバーのトラブル+お得な裏技(自己責任で!)

こんにちは!London WalkerではこれまでUber推しだったわけですが、そんなLondon Walkerでも怖い思いをしたことがあります。やはり推すだけではなくて、そのデメリットもお伝えしないとフェアではないですよね。ということで、今回は、Uberの闇について私が経験した3つのお話を紹介したいと思います!!

f:id:usokaramakoto:20190830233755j:plain

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

意図的な回り道!?なのか、システムの不具合なのか不明だったパターン

www.ukjapan.club

一つ目の話はアメリカでの話です。携帯を変えてしまった関係で、過去の画像が残っていないのが非常に残念なのですが、できるだけ詳細をお伝えできるように頑張ります。少し前にアメリカの東海岸に遊びに出かけたことがありまして、そこで大型のUberを手配しました。(Uberでは車のサイズをある程度指定することができます。この時、数人&スーツケースたくさんだったので、大型のUberを手配しました。)来た車はピッカピカの大型SUV。いやー、これは正解だったと正直思いましたね。運転手さんも親切だし、Uberなので事前の料金もわかっているわけです。これで安心、乗り心地快適、言うこと無しじゃないですか?で、そのまま上機嫌で大体20~30分ほどして車を降りました。もちろんチップも少しですがお渡ししました(これはマナー!!)元々、Uberを手配した際の予定料金は20ドルほどだったのですが、乗車後に料金を念のためチェック(これが意外と大事!)したところ、40ポンド、つまり倍に近い精算がなされていたのです・・・。What???一体何が起こったんだ・・・・と思い、乗車履歴をチェック。すると、なんと、乗車した位置から、降車した位置を経由して、ぐるっと一周してまた乗車した位置にもどった記録になっているのです。その乗車履歴に基づいて精算がなされていたのです!!!衝撃!

www.ukjapan.club

こうなるとやるべきことは決まっておりまして、Uberのメニューから、乗車、料金について問い合わせることができるボタンがありますので、そこを押して、(ここから先は英語ですが)乗車が2倍になっており、過剰に請求されているからチェックした欲しいとメッセージを送りました。すると大体半日ぐらい(体感ではかなり早いです)で、再計算されお金が戻ってきました。いやー、一瞬ドキッとするのですが、Uberのスピーディな対応は正直すごいですよ。こんな不愉快な思いをしても、これだけユーザー目線で対応してくれるのなら、次も乗りたいと思ってしまいますからね。そういう意味で、Uberはすごーくよくビジネスを展開しているのだと思います。ロンドンではブラックキャビ(黒い公式タクシー)などとの品質の差があることが焦点になったりしているのですが、Uberのこの組織的なサポート体制を考えると、Uberの方が安心な気もします。

絶対に意図的な回り道

www.ukjapan.club

これはロンドン・ヒースロー空港から帰宅する時にあった本当にあった話。ちなみに上記のアメリカでの経験の本当にすぐあとに起こったことなので、このときばかりはUberに、というか運転手に怒りを覚えました・・・。それは大体片道25ポンドぐらいのところ、こちらも50ポンド近く請求されことによります。そもそもは、グーグルマップで事前に地図を用意し、この道で行ってくれと言っているのに、その道は混んでいるからこっちが良いよ、と強ーく何度も主張され、道路の分岐点でタイムアップして仕方なくドライバーに従ったことがこの話のはじまりです。グーグルマップには渋滞情報がまったく出ていなかったのに、運転手は道のりが2倍近い高速をこちらの同意なしに使ったわけです。しかもその道はUberが最初に推奨した道ではなく!!!実はこの話、少し前兆はあったのです。というのも、Uberというシステムは大変優れており、事前に運転手の過去の評価が5段階で見れるのですが、だいたい4以上が普通といった感じで、3台はイマイチなのですが、この時の運転手は3前半。ただ5段階評価の3前半ならまぁいいかと思い、そのままお願いしたのですが、これが痛かった。車内の清掃もイマイチだし、遠回りはするし・・。たしかに他の方のユーザーレビューを見るとそういったことがチラホラ書いてあるんですね。ちゃんと読めばよかったと・・・。で、このときも乗車したあとにすぐにUberにメッセージを送り、過剰な料金分は返還してもらいましたよ。さすがウーバー。で、乗車後にはドライバーを評価する仕組みがあるので、5段階評価で1を付けたところ、私もユーザー側として低い評価を受けました!(チクショー!小梅太夫風。なつかしい・・・笑)で、この時の教訓。ユーザーレビューが4以下にはできるだけ乗らないこと!ちなみにこのあと、なんと乗車経験1000回超、レビュー評価が5.0という奇跡のおじさんが運転手のUberに乗車する機会があり、おじさんに「おじさん、5.0はすごいね。はじめてだよ!」ってもちろん英語で話したら、大変喜んでくれて(もちろんおじさんも自慢にしていたようで)「実は昔日本の会社で働いていて、そこで学んだ礼儀作法がUberで生きている」と言っていました。London Walker感動・・・・(涙)たくさんチップを渡して、もちろん私も5の評価をつけました。ありがとう、おじさん。

【スポンサーリンク】

 

 

 

相乗りしてみた

Uberには相乗りできる機能もあります。実はロンドン市内からなんどかシェアして帰宅したことがあります。このメリットは本当に安いこと。値段の高いロンドンの地下鉄を考えると、シェアでタクシーとうのは悪い選択肢ではないと思います。でも、これよく考えると結構危険。アメリカでは知人が、運転手で別のお客さんがぐるになったいて、囲まれて暴力をふるわれそうになったという話も聞きました。たしかに密室で2対1とか3対1になると危険ですよね・・・・。ということで、この方式では比較的治安のよいロンドンではなんとかOK、アメリカではやめておきましょうという結論をLondon Wakerとしてはお伝えしたいと思います。ロンドンも、お金によっぽどこまっていなければ単独乗車にしましょうね!

雨天のラッシュ時は値段が高騰

今までたくさん書いてきたように私はUberのヘビーユーザーなわけなんですが(もちろんUberからは何のキックバックもありません笑)、雨天のラッシュ時はバブルのように値段が跳ね上がります。要は需要によって料金がめちゃくちゃ柔軟に変わるのです。すごいですよ。たとえば仕事で空港に向かう時、タクシー代を会社が惜しげもなく負担してくれるならいいですが、個人的な用事の場合、これは痛いです。こういった場合は事前に空港行のタクシーを予約しておくほうが絶対に安いです!常にUberが安いわけではないのです。直前に予約できる利便性の分だけ高くなっているのです。ある意味すごいですよ、これは。タクシーに完全な市場価格が導入されたわけですからね。しかもサービス品質によってユーザーから選ばれる確率もあがるわけで、絶対に移動市場の発展に貢献していると思うわけです。翻って日本はどうでしょうか・・・。Uber走ってますか?

ヒースローでUberを拾うのは意外と難しい

ヒースロー空港に到着し、SIMカードの契約が終わっていなくてもヒースロー空港の無料WifiでUberを呼ぶことは可能です。でも大事なのはここから。ヒースロー空港にはタクシーの降車レーンがあるのですが、ここにはUberは基本的にNG。Uberは立体駐車場に迎えにきます。そして、立体駐車場はヒースロー空港のWifiが届かないので、しっかりWifiが届くところで、お迎えの位置(立体駐車場の何階か)を確認してから移動しましょう。そうしないとお迎えの車を見つけられないまま終わってしまうということも十分ありえるからです。

 

危険だけどお得な裏技(自己責任でお願いします)

www.ukjapan.club

裏技が存在するのってご存知ですか?それはUberで呼んで、乗車のタイミングで運転手と値段を交渉するのです。特に長距離の場合に有効。なぜなら料金の2割近くを運転手はUberにとられているので、乗車をキャンセルし、1割引きの料金で運転手で個別に「握る」のです。こうすれば元々安いUberの料金を更に1割引きで乗車することができます。といっても、こうやると、今までお話してきたようなUberによる安心感は全くなくなりますし、運転手側にとっても料金回収のリスクが伴ってきます。ですので、これは王道ではありません。人からこの話を聞いてもやるかどうかは自己責任でご判断いただければと思います。でもお金がない貧乏学生さんなどには魅力的なのかな~~。英語で交渉の練習にもなるし・・・(できればやめておこうね!)

 

 

いかがでしたか?今回は実際の経験に基づいたUberの良い話、悪い話をさせていただきました。今日本でも益々話題のウーバーの正しい評価にも少しはつなげていただけると幸いですし、皆さんのロンドンでのウーバー利用の参考に少しでもなれば幸いです。なお、Uberを使うには簡単な英語は絶対に分かったほうがいいです。以下で紹介しているDMM英会話の無料レッスン2回分で、先生に「Uberに乗る場合の英会話」をお願いすれば、2回の無料レッスンで、かなり十分なレベルの講義を受けることが可能です。これは別に悪いことでもなんでもないので、使えるものは積極的に活用したほうが良いと思っている次第です。

それでは皆様のロンドン旅行がお得で楽しいものになることをお祈りいたします!

 

人気の20記事をご紹介!参考にしてください♪

◆せっかくお得に買い物するなら両替もしっかりお得にやってくださいね。こちらのThomasトーマスのレートがすこぶる良いのでおすすめしております(ご参考まで)。

www.ukjapan.club

◆見どころトップ100を俯瞰するならコチラ↓ここからやりたいことを絞り込みましょう!

どこが人気?イギリス・ロンドンでおすすめの観光地/体験/ツアー/見どころ・最新版トップ100(ロンドンで絶対にやっておきたい100のこと)

◆ロンドンの人気記事もご紹介しておりますので、こちらもぜひお見逃しなく!

2019年ロンドン人気記事まとめ | おすすめランキング・ベスト10 お土産 エコバッグ PRIMARK スーパーマーケット 紅茶 持ち物 観光 天気 英語など

◆お土産(ばらまき&定番)

www.ukjapan.club

◆ロンドンの文房具や小物と言えばコチラ!

ロンドンでお土産に買った人気・定番の文房具&小物たち(子供におすすめ)

◆英検にいかに時短で合格するか!TOEICや資格の勉強にも有効!

英検準1級・1級合格のための勉強法!子育て主婦の奮闘!!

◆FORTNUM&MASONフォートナムメイソン徹底解説!

ロンドン土産は大人気のFORTNUM&MASONフォートナムメイソンで決まり!

フォートナム&メイソンが日本で買えて美味だった話!

◆1番人気のエコバッグ関連!

www.ukjapan.club

◆UBERウーバーで経験した本当にあった怖い話とお得な裏技について

UBERウーバーで経験した本当にあった怖い話

◆ロンドンと言えばハリーポッターでしょ!!という方に。

ハリーポッタースタジオロンドン・ガイド・行き方・ツアー・予約・土産などオススメ

◆ロンドンのスーパーで超お得なお土産をゲットするならTESCOテスコ!

超お買い得!スーパーマーケット・TESCOで1ポンドから帰るオススメのばらまき土産

◆イギリス・ロンドン旅行に必携の持ち物とは?

www.ukjapan.club

◆インスタ映えベストスポット

イギリス・ロンドンの人気写真スポット!

◆日本食スーパーと言えばこちらは見逃せません!!

ロンドンで日本食がお得に買える駐妻おすすめスーパー6選!

◆日本食レストランならコチラ!

日本人も大満足!安くて美味しいおすすめの日本食レストラン・ベスト5!

◆ラーメン屋ランキング!

www.ukjapan.club

◆ロンドン土産にPRIMARKプライマークのエコバッグ!

ロンドン土産のエコバッグ・駐妻がこっそりおすすめするPRIMARKプライマーク

◆クルーズに少しでも興味があればお見逃しなく!

ロンドン駐妻がアドリア海クルーズをおすすめする理由とは?

◆最高に美味しいロイヤルミルクティーの作り方

ロンドンっ子おすすめの最高に美味しいロイヤルミルクティーの作り方はコチラ

◆おすすめ紅茶人気ランキング

紅茶人気ランキング・ロンドン土産を実際に飲み比べてみた!

◆ロンドン土産はPRIMARKプライマークでお得にゲット!

どこよりも詳しい!日本語のPRIMARK徹底解説!

◆超効率的ロンドン市内観光ルート・ザ短時間!

www.ukjapan.club

◆イギリス・ロンドンのあるある話!

知らなきゃ恥?イギリス文化の予習にも。渡航前に知っておくべきロンドンのあるある

◆【歓喜!】ロンドンっ子おすすめのTK Maxx(ティーケーマックス)が超絶お得!

駐妻がこよなく愛するTKの魅力とは?

◆ロンドン旅行で絶対に買いたいメンズブランド5選

彼氏・紳士におすすめのイギリス・ロンドンのメンズブランド!

◆歓喜!ロンドン行きJAL深夜便が超絶お得な理由とは

ロンドンへはJAL深夜便エコノミークラスが絶対にお得な理由・羽田空港

◆ロンドン・バスの乗り方、使い方

便利で楽しいロンドン・バスの乗り方、使い方。女子にも簡単。

◆壮絶!本当にあったロンドンの交通違反の怖い話

www.ukjapan.club

◆ロンドン土産にぴったりのコスメ(ハンドクリーム!)

在住者がこっそり教えるイギリス土産にぴったりのコスメ&ハンドクリーム

◆バーバリーなら絶対にコチラ

バーバリー(トレンチコート、マフラー)を超格安(アウトレット、免税)で入手する方法

◆チップ事情(イギリス・ロンドン)

知らないと損・恥をかく。在住者が教えるイギリス、ロンドンのチップ事情

◆ジョンロブの入手ならコチラ

壮絶!歓喜!ジョンロブを超格安5万円以下で手に入れる裏技

 

【スポンサーリンク】

 

 

にほんブログ村 ロンドンランキング