London Walker(ロンドンウォーカー)

London Walker ロンドンウォーカー

イギリス旅行をお得に! 100倍楽しむイギリスの歩き方



 

どこが人気?UK・ロンドンでおすすめの観光地/体験/ツアー/見どころ100
英検準1級・1級合格のための勉強法 | 子育て主婦の奮闘

 

 

ロンドン土産 おすすめ紅茶ランキング 実際に飲み比べてみた! | イギリス旅行 定番 ばらまき

 ロンドン土産の定番と言えば紅茶ですが、果たしてどの紅茶が本当に美味しいのか。今回は今までおすすめしてきた紅茶の中でも特に人気のある銘柄を実際に飲み比べしてみました。最後にランキング付けを行っていますのでお土産を買われる際の参考にしていただければと思います!それではまいりましょう!

 

 

f:id:usokaramakoto:20181223005637j:plain

この木箱自体お土産におすすめです

今回飲み比べたのはロンドン土産の王道・定番である以下の6種類!(TWCはロンドン土産というよりはシンガポールの土産ですが、先日ロンドンにもショップを構えましたので、飲み比べてその実力をチェックします)

 

①Patridges(パトリッジズ)

②Fortnum&Mason(フォートナムメイソン)

③Harrods(ハロッズ)

④TWININGS(トワイニング)

⑤EAST INDIA COMPANY(イーストインディアカンパニー)

⑥TWC(ティーダブリューシー)

f:id:usokaramakoto:20181223082724j:plain

ロンドン5大定番紅茶

なお、今回取り上げる紅茶以外にもお土産におすすめな銘柄はいくつかありまして、以下の記事で徹底解説していますのでご覧いただければと思います。

www.ukjapan.club

まずは Patridges パトリッジズから

f:id:usokaramakoto:20181223010150j:plain

高級感とデザインの両方を兼ね備えたオシャレな雰囲気

ロンドンの中でも超高級なエリア、スローンスクエアに本店を構えるPatridges パトリッジズ。個人的にはこちらのエコバッグをめちゃくちゃおすすめしているのですが、こちらの食品も秀逸なものが多く、紅茶は有名なお土産の一つです。なんといっても王室御用達マーク(エリザベス女王)がオシャレですよね。

f:id:usokaramakoto:20181223010307j:plain

今回はイチオシのパッションフルーツにしました

名実ともに一級品と認知されているパトリッジズですが、紅茶でおすすめなのがパッションフルーツ味。在住者の間ではこちらが定番となっています。ただし、日本でよくあるような果物の香りが強いフレーバーティーとはちょっと違って、紅茶の雰囲気を変えるためにパッションフルーツの香を少し加えているような、そういった印象です。ですので、あくまでも紅茶!という存在感はしっかりと残されているのが特徴だと思います。

f:id:usokaramakoto:20181223010359j:plain

袋の品質が高いです

さっそく小袋をオープン。茶葉を入れている袋の生地のきめ細やかさが印象的です。これで濾したらとってもマイルドになるだろうなぁとこの時点で想像が広がります。

f:id:usokaramakoto:20181223010437j:plain

ティーバックの持ち手部分も可愛いです

ティーバックの持ち手にも王室御用達マークが。こういった部分への配慮も嬉しいですよね。

f:id:usokaramakoto:20181223010523j:plain

いい感じの色になりました

淹れている時からフルーティなとってもいい香りが漂ってきます。淹れている時から楽しめるのは本当に心地良いです。実際に飲んでみると素晴らしく飲みやすいです。パッションフルーツの効果もありライトな印象。とってもクセになるこのまろやか感はファンが多いのもの頷けます。近くに行く機会があれば買う価値のある逸品です。

続いて フォートナムメイソン

f:id:usokaramakoto:20181223010732j:plain

今回は王道のロイヤルブレンドにしました

高級デパートとして有名なフォートナムメイソンですが、こちらは一フロアの大部分を紅茶と紅茶アイテムで占められており、メイソンの稼ぎ頭となっています。エメラルドグリーンのこの高級感あるデザインは日本人が大好きなイギリスのブランドの一つです。

f:id:usokaramakoto:20181223010815j:plain

カップもメイソンにしてみました

いくつものフレーバーがあるのですが、今回は王道のロイヤルブレンドにしてみました。折角なのでカップもメイソンで試してみます。

f:id:usokaramakoto:20181223010936j:plain

バッグの裏面は比較的普通

裏面にはお決まりの「美味しい淹れ方」が記載されています。パトリッジズは5分との案内でしたが、メイソンは3分と書かれています。個人的には5分だと渋みが出てしまうので、3分程度がおすすめです。もちろん茶葉によっても最適な時間は違うので、最初は各社の案内に従ってみるのがよいでしょう。

f:id:usokaramakoto:20181223011006j:plain

淹れてる時から良い香りが!

メイソンの紅茶も香が上品で素晴らしいです。

f:id:usokaramakoto:20181223011051j:plain

良い色に仕上がりました

こちらはフレーバーはついていないにも関わらず、いれてるときから豊潤な紅茶の香り。パック内の茶葉のきめ細やかさもすごいです。口当たりまろやか。香りよし。苦味なく飲みやすい。とろける感じ。ある程度高いのもやむなしかなと思ってしまいます(笑笑) 良いお茶だと思いながら飲むとあっという間に飲み干してしまいます。美味しかったです。ご馳走さま〜〜。
普段使いにはもったいないなぁ笑笑

Harrods ハロッズ

f:id:usokaramakoto:20181223011654j:plain

いかにも高そうなパッケージです

ロンドンのデパートの王様、ハロッズです。資本主義の象徴(笑)でも思ったよりデザインはシンプルで好感度がもてます。

f:id:usokaramakoto:20181223011736j:plain

おばあちゃんの豆知識的な

裏面のお茶の淹れ方講座。ハロッズは3-5分を提案していますね。個人的にはこの記載が一番適切な気がします。

f:id:usokaramakoto:20181223011806j:plain

香りはあまりしないような・・・

スタンダードなブレンドのタイプを選んでみましたが、あれっと思うほど香りは普通でした。高級感は抜群にある一方で口当たりはマイルドで渋みなし。全体的にクセがなく飲みやすいのも良い点だと思いますが、強いていえば、あまり特徴的ではないかなぁと。印象としては、日本の普段使いのような紅茶 笑笑。個人的にはもう少し香りが欲しいです。

【スポンサーリンク】

 

 

TWININGS トワイニング

f:id:usokaramakoto:20181223080154j:plain

トワイニングと言えばアールグレイです

日本でも買えてしまいますが、ロンドンの紅茶の定番といえばトワイニング!

今回はトワイニングの代名詞とも言えるアールグレイで試しました。

アールグレイの由来は1830年代のイギリス首相、第二代グレイ伯チャールズ・グレイに由来すると言われているそうです。ベルガモットの落ち着きある芳香が特徴。ちなみにベルガモットの香りは精油や香料で着香されることが多いんだそうです。  

f:id:usokaramakoto:20181223080345j:plain

アールグレイ独特の香りが新鮮

茶の香気成分は冷やすと控え目になってしまいますが、人工的に香りを付けた着香茶であるアールグレイはアイスでも香りが分かりやすいため、アイスティーへの相性も良いです(ロンドンではあまりアイスでは飲まないような気がしますが)。今回はホットで。

f:id:usokaramakoto:20181223080423j:plain

アールグレイと言えばミルクティーが最高

 

ベルガモットの香りは温度が高くなるほど引き立つので、アイスティーなどを念頭に強めの香りをつけたものなどをホットティーにすると、慣れていない人にとってはクセが強すぎて飲みにくいものとなりやすいです。しかし、この芳香がミルクと相性が良いので、アールグレイと言えばミルクティーがイチオシです。今回も一口飲んでからミルクティーに仕立てました。う~ん、最高。お家でこのレベルのミルクティーが作れたら、外で紅茶をオーダーする必要がなくなってしまいます。。。


なお、豆知識になりますが、代々のグレイ伯とトワイニングは親しく付き合っており、第五代グレイ伯がトワイニングを元祖として認めていることから、アールグレイの元祖はトワイニングなんです。他社が出しているアールグレイは、ブレンディングを真似しています、という位置づけなんですね。これを知ってから、トワイニングのアールグレイでミルクティーを飲むと、より一層美味しく感じますよ~笑

TWCの実力は!?

 以前、以下の記事でご紹介したTWGも比較してみました(ちょっとカフェイン取りすぎになってきています・・・)


www.ukjapan.club

 

f:id:usokaramakoto:20181223081055j:plain

今回は定番の BLACK TEA で

密封度が高い包装に入っています。紙袋より安心感が高いです。

新鮮な状態でキープされている感じがします。

f:id:usokaramakoto:20181223081231j:plain

パッケージと同じデザインの持ち手部分

f:id:usokaramakoto:20181223081333j:plain

この茶袋が一番Good

開けたところから高級感たっぷりの100パーセントコットンの布袋!袋まわりの造りが秀逸です。これには他社は勝てません。リプトンの一部のラインナップが同様の造りをしていますが、リプトンについては後日ご紹介したいと思います(リプトンは日本では有名ですが、イギリスでは存在感はありません)。

f:id:usokaramakoto:20181223081414j:plain

メイソンとTWGをコラボ

香りがすごい!

f:id:usokaramakoto:20181223081447j:plain

色、香りともに素晴らしい

飲んでみたらこれまたすごい!
なめらーかな舌触りに、ほどよい香りが広がります。ゆったりとした時間がながれるかのような気持ちにさせてくれる一杯です。

紅茶の本場ロンドンに乗り込んでくるだけのことはあります。さすがです。

【スポンサーリンク】

 

 

最後は EAST INDIA COMPANY

 

f:id:usokaramakoto:20181223093514j:plain

ロイヤルブレックファストを試します

エキゾチックな感じが漂ってくる色使いです。

f:id:usokaramakoto:20181223095218j:plain

こちらも定番の淹れ方について

強さとしては5段階中の4番目。淹れる時間は3-4分とのこと。今回は3分半ほど浸しました。

f:id:usokaramakoto:20181223095417j:plain

キレイにでます

f:id:usokaramakoto:20181223095505j:plain

出来上がり。まろやかな感じがします。

舌触りもなめらかで良い香りがしますが、ちょっとだけ独特な気がします。強さが4ということもあるのでしょうか。後味抜群。普通の紅茶よりも一段上をいくバランスは間違いないような印象です。

お土産紅茶ランキング

第1位 Fortnum&Mason(フォートナムメイソン)

味、香り、デザインなどの総合力がやはり強いです。お土産としてはもらって嬉しいという側面も大きいと思っています。

第2位 Patridges(パトリッジズ)

普通の紅茶じゃ物足りないような方にはおすすめです。メイソン同様に味、香り、デザインも文句なし。

第3位 TWC(ティーダブリューシー)

正直、味だけならこちらが1位。でも元のブランドの起源がシンガポールですし、シンガポール土産の代名詞のような形になってしまっているので、日本へのお土産という観点ではどうしても難しいかなぁと思います。お茶としてのクオリティは本当に良いです。飲んだことがない方は、一度は試してみてもいいのではないかと思います!

第4位 TWININGS(トワイニング)

安い早い美味い王室御用達でかつ定番というこの安定感。アールグレイを買って、ミルクティーをおすすめするのが良いですね。

第5位 EAST INDIA COMPANY(イーストインディアカンパニー)

悪くはないのですが、どうしてもビスケットが美味しいので期待値が上がってしまい、それと比べるとちょっと落ちるかなと。安くてこのクオリティならもっと上位ですが、値段などを総合的に考えるとちょっとコスパは高くはないかなと。ただ、ビスケットと合わせ技で一緒に購入すれば時間も削減になり、お揃い感で満足度も上がるという側面もありますね。

第6位 Harrods(ハロッズ)

ちょっと競争力に欠けたのがハロッズ。悪くはないのですが、高級感以外で突出するものもなく、値段を考えると6位かなと。。。

 

ちなみに紅茶に合うお菓子のお土産でオススメしているのが2つ。1つ目は以下のページで紹介しているスーパーマーケット・ウェイトローズで買うことのできるラベンダーショートブレッドです。これをおすすめする理由はショートブレッド自体が上品な味わいであることと、ラベンダーの香りが秀逸であることの2点。さらにこられらのマッチングがたまりません。ロンドンにいても時々無性に食べたくなる逸品です。


www.ukjapan.club

 

もう一つのおすすめは色々な記事でもお伝えしてきたEast India Companyのキャラメル&シーソルトのビスケット(クッキー)です。是非、紅茶と合わせて試してみてはどうでしょうか。ロンドンの雰囲気を思いっきり楽しめますよ。


www.ukjapan.club

 

いかがでしたでしょうか?おすすめのお土産で気になるものが見つかりましたでしょうか?

是非お気に入りのお土産を上手に購入して楽しいロンドン旅行にしてくださいね。
それでは!

こちらにもロンドン関連の人気記事を掲載しておりますので、よろしければぜひご覧ください!

人気の20記事をご紹介!参考にしてください♪

◆せっかくお得に買い物するなら両替もしっかりお得にやってくださいね。こちらのThomasトーマスのレートがすこぶる良いのでおすすめしております(ご参考まで)。

www.ukjapan.club

◆見どころトップ100を俯瞰するならコチラ↓ここからやりたいことを絞り込みましょう!

どこが人気?イギリス・ロンドンでおすすめの観光地/体験/ツアー/見どころ・最新版トップ100(ロンドンで絶対にやっておきたい100のこと)

◆ロンドンの人気記事もご紹介しておりますので、こちらもぜひお見逃しなく!

2019年ロンドン人気記事まとめ | おすすめランキング・ベスト10 お土産 エコバッグ PRIMARK スーパーマーケット 紅茶 持ち物 観光 天気 英語など

◆お土産(ばらまき&定番)

www.ukjapan.club

◆ロンドンの文房具や小物と言えばコチラ!

ロンドンでお土産に買った人気・定番の文房具&小物たち(子供におすすめ)

◆英検にいかに時短で合格するか!TOEICや資格の勉強にも有効!

英検準1級・1級合格のための勉強法!子育て主婦の奮闘!!

◆FORTNUM&MASONフォートナムメイソン徹底解説!

ロンドン土産は大人気のFORTNUM&MASONフォートナムメイソンで決まり!

フォートナム&メイソンが日本で買えて美味だった話!

◆1番人気のエコバッグ関連!

www.ukjapan.club

◆UBERウーバーで経験した本当にあった怖い話とお得な裏技について

UBERウーバーで経験した本当にあった怖い話

◆ロンドンと言えばハリーポッターでしょ!!という方に。

ハリーポッタースタジオロンドン・ガイド・行き方・ツアー・予約・土産などオススメ

◆ロンドンのスーパーで超お得なお土産をゲットするならTESCOテスコ!

超お買い得!スーパーマーケット・TESCOで1ポンドから帰るオススメのばらまき土産

◆イギリス・ロンドン旅行に必携の持ち物とは?

www.ukjapan.club

◆インスタ映えベストスポット

イギリス・ロンドンの人気写真スポット!

◆日本食スーパーと言えばこちらは見逃せません!!

ロンドンで日本食がお得に買える駐妻おすすめスーパー6選!

◆日本食レストランならコチラ!

日本人も大満足!安くて美味しいおすすめの日本食レストラン・ベスト5!

◆ラーメン屋ランキング!

www.ukjapan.club

◆ロンドン土産はPRIMARKプライマークでお得にゲット!

どこよりも詳しい!日本語のPRIMARK徹底解説!

◆ロンドン土産にPRIMARKプライマークのエコバッグ!

ロンドン土産のエコバッグ・駐妻がこっそりおすすめするPRIMARKプライマーク

◆【歓喜!】ロンドンっ子おすすめのTK Maxx(ティーケーマックス)が超絶お得!

駐妻がこよなく愛するTKの魅力とは?

◆クルーズに少しでも興味があればお見逃しなく!

ロンドン駐妻がアドリア海クルーズをおすすめする理由とは?

◆最高に美味しいロイヤルミルクティーの作り方

ロンドンっ子おすすめの最高に美味しいロイヤルミルクティーの作り方はコチラ

◆おすすめ紅茶人気ランキング

紅茶人気ランキング・ロンドン土産を実際に飲み比べてみた!

◆超効率的ロンドン市内観光ルート・ザ短時間!

www.ukjapan.club

◆イギリス・ロンドンのあるある話!

知らなきゃ恥?イギリス文化の予習にも。渡航前に知っておくべきロンドンのあるある

◆ロンドン旅行で絶対に買いたいメンズブランド5選

彼氏・紳士におすすめのイギリス・ロンドンのメンズブランド!

◆歓喜!ロンドン行きJAL深夜便が超絶お得な理由とは

ロンドンへはJAL深夜便エコノミークラスが絶対にお得な理由・羽田空港

◆ロンドン・バスの乗り方、使い方

便利で楽しいロンドン・バスの乗り方、使い方。女子にも簡単。

◆壮絶!本当にあったロンドンの交通違反の怖い話

www.ukjapan.club

◆ロンドン土産にぴったりのコスメ(ハンドクリーム!)

在住者がこっそり教えるイギリス土産にぴったりのコスメ&ハンドクリーム

◆バーバリーなら絶対にコチラ

バーバリー(トレンチコート、マフラー)を超格安(アウトレット、免税)で入手する方法

◆チップ事情(イギリス・ロンドン)

知らないと損・恥をかく。在住者が教えるイギリス、ロンドンのチップ事情

◆ジョンロブの入手ならコチラ

壮絶!歓喜!ジョンロブを超格安5万円以下で手に入れる裏技

【スポンサーリンク】

 

 

にほんブログ村 ロンドンランキング