ロンドン ウォーカー ~気ままなロンドンの歩き方~

旅行やお土産、ロンドン最新情報など、在住者の視点からロンドン初心者をナビゲート!時々つぶやきも・・・

ロンドン旅行でPRIMARK プライマークを有効活用してばらまき土産をお得に購入する方法 | 在住者おすすめの理由

PRIMARK(プライマーク)というブランドをご存知でしょうか?アイルランド発のこのブランド、日本未上陸ながら今まさにヨーロッパを席捲しています。アイルランドから近いこともありロンドンには多数のショップを構えており、お土産向けやおしゃれでかわいい、しかもお得な品がたくさん。ユニクロの100倍楽しいと言われるこのお店、知らずに行きそびれちゃうと本当にもったいないので、今回はその魅力と有効に活用する方法をこれでもかと紹介します!

f:id:usokaramakoto:20181027204551j:plain

ロンドン旅行でPRIMARK(プライマーク)に行かないなんてもったいない

日本にいるとそもそもPRIMARK(プライマーク)を耳にしたことがない方も多くいらっしゃるかもしれません。しかしこのお店は今はロンドンでは知らない人はいないというほどの知名度です。日本でユニクロを知らない人はいないと思いますが、PRIMARK(プライマーク)はロンドンでは同じような知名度だと思ってもらえればと思います。ですので、もし道に迷ったりした場合でも、道行く人たちに「あのーPRIMARK(プライマーク)に行きたいんですけど」と聞いてもれえれば、優しいロンドナー(ロンドン地元民)達はきっと優しく教えてくれますよ。

ロンドン店舗数が半端ないので簡単に行けます

グーグルマップなどで検索するとロンドン近郊のプライマークの密集っぷりがよくわかります。郊外だけじゃなくて都心部にたくさんあるのは旅行者にも嬉しいですよね。特にロンドン旅行者であれば誰もがショッピングに行くようなオックスフォードストリートやピカデリーサーカス、デパートでいえばリバティなどの近くにも点在していることから、簡単に行けちゃいますよ。

私のおすすめはデパートに行く前に行くことです!これは鉄則です。なぜならデパートを先に見てしまうと、あまり物の相場が分からずついつい旅行気分で高い買い物をしてしまうことがあるからです。まずは最安で、かつおしゃれなPRIMARK(プライマーク)を見て、そこで相場感を頭に入れてからデパート巡りに行きましょうね!

f:id:usokaramakoto:20181027213101j:plain

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

PRIMARK(プライマーク)について知っておくと買い物が断然楽しくなるので少しだけ紹介

もちろん買い物を楽しむだけでも十分なのですが、PRIMARK(プライマーク)の歴史も知っておくと楽しさ倍増なので、おそらく日本語初の詳細な歴史を少しだけ解説しますね。

そもそもプライマークはアイルランド発祥の会社なんですが、アイルランドではペニーズという呼称で呼ばれています。これはロンドンでもあまり知られていないのですが、じつはABフーズという食品会社の子会社なんです。で、本社はアイルランドのダブリンにあります。最初のお店も同じくダブリンなんですが1969年に開業しており実は古豪の会社なんです。

はじめはアイルランドで成功を収め、次のステップでイギリスに出店を拡大し、まずは1971年にイギリス北部の街であるダービー(ロールスロイスとかで有名な街です)に出店。

で、ここで問題が生じます。もともとPenneys(ペニーズ)という呼称だったのですが、ヨーロッパではこの名前が使うことができなったのです。

それはなぜかというと、J.C.Penneyという会社が既に登記されていたんですね。なのでアイルランドではペニーズなんですが、他の国ではプライマークを使うことになったそうです。正直、ペニーズより、プライマークの方が響きが良いですよね。まさにケガの功名(笑)

ちなみにかなり成功を収めたので、2015年にはダブリンの本社をリニューアルしています(でもそのままダブリンなんですが・・・)。

2018年8月には有名な火災事故がベルファストで発生。元々は歴史ある銀行のビルを改装して使っていたそうなのですが、プライマークにとってはショッキングな事件となりました。しかしこの火事はたまたま発生したものであり、プライマークの勢いに陰りは見えなそうです。

ロンドンらしい品からオシャレなものまで

www.instagram.com

PRIMARK(プライマーク)は本当に幅広い商品のラインナップを揃えています。

新生児用から赤ちゃん、子供用、女性、メンズ、ホームウェア(パジャマとかね)、アクセサリー、靴類、化粧品(美容関連)やなんとお菓子類まで!

2014年からは品質の高さで有名なセフォラ製品をラインナップに取り入れ、なんと1ポンドから販売するようになりました。

2018年からはビーガン(菜食主義者。イギリスにはたくさんいます)向けのスナックの販売も開始しています!

なんと言っても平均価格をグッと下回る値段の洋服が魅力の一つです。ZaraやH&Mと並んで、ファストファッション業界のメインストリームとして数えられています。

エコノミスト誌からも「トレンディーな洋服を驚くべき低価格で消費者に提供している。一度使ったら、また同じ商品を買うこともある。」と大絶賛を受けているぐらいです。

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

しかも激安。小物はこの値段とは思えないほどしっかり。

www.instagram.com

さきほども少し触れましたが、なんと価格は1ポンドから。

しかも1ポンドとか2ポンドの商品が結構いけてるんです。いえ、かなり良いです。特におすすめしたいのが、1.5ポンド程度からはるエコバッグです。デザインはコロコロ変わるんですが、ロンドンっぽいデザインのものが結構あり、本当にお土産にはもってこい。1000円とか2000円くらいはしそうなクオリティとデザインです。

また小物入れなどのアイテムもかなり充実。デザインがかわいくてついつい買ってしまいます。本当に変なお土産屋に行くよりも、ここで粘ったほうがいい買い物ができると思います。

肌着はユニクロの方が上質だがパジャマなどは全然OK

 実は私もここの商品を色々試してみました。あえて厳しいことを言うと、肌着はユニクロの方が上質です。靴下とかね。

でもパジャマは悪くないです。デザインも豊富でかわいいですし、クオリティもまずまず。フリース生地のパジャマも魅力的ですよ~~。

【スポンサーリンク】

 

子供服もかなり充実、メンズ、レディースも売り場が分かれており充実

www.instagram.com

魅力のひとつは子供服がかわいくて充実していること、そして値段も超手ごろなことだと思います。これは実際に見てみてほしいです!特に幼稚園ぐらいの小さなお子さんの服を大量に、というような場合は良い気がします。まだ日本未上陸なので、Tシャツなんかを幼稚園友達へのばらまき用のお土産なんかに買って帰るとかなり喜ばれるのではないでしょうか!

 

 

家族全員が楽しめるのが最大の魅力

やっぱりお父さんもお母さんもお姉ちゃんも男の子も、みんなが楽しめるのが最大の魅力だと思います!(残念ながら老人の方は厳しいかも!)

ぜひぜひ家族で女子旅で散策して掘り出し物とお土産をたくさんゲットしてくださいね!

 

余談:PRIMAEKの勢いはとどまるところを知らない

最近のファストファッション大流行の流れもあり、店舗は既に350店舗を超えています。

一番大きい店舗はどこかというと、イギリスのマンチェスターにあります。なんと、14,400平米もあるそうです(ここにはさすがにまだ行ったことがないなぁ)。

最新の店舗は2018年後半にもロンドンから北に2時間ほど行ったところにあるバーミンガムにオープンするようなので、機会があったら是非行ってみてください。

イギリス以外の最初の店舗はスペインのマドリッドに2006年にオープン。

私もスペインのバルセロナにあるPRIMARKにも行ったことがありますが、大盛況でした。

2008年にはオランダにオープン。こちらにも行ったことがあるのですが、こちらも大盛況に加え、オランダ独自のかわいいお土産グッズなどもあり、ロンドンで何度も行ったことがあっても、また海外でも思わず行ってみたくなる楽しみづくりが非常に上手いなぁと感じました。また、既にポルトガルやドイツ、ベルギー、オーストリア、フランスにもオープンしています。2014年には洋服大国のイタリアにも進出。2015年にはついにアメリカのボストンにも店舗を構えており、次はポーランドへの進出が囁かれています。

 

それでは!

【スポンサーリンク】

 

 

 

にほんブログ村 ロンドンランキング