ロンドン ウォーカー ~気ままなロンドンの歩き方~

旅行やお土産、ロンドン最新情報など、在住者の視点からロンドン初心者をナビゲート!時々つぶやきも・・・

海外の反応 ウーバー、ロンドンで英語試験導入めぐり裁判

こんにちは。

本日はウーバーがロンドンで運転手向けの英語試験導入を巡ってロンドン交通局に訴訟を起こしていた話です。

これは実は昨年の夏ごろの話でした。そして一旦はウーバーが敗訴したのですが、昨日、ウーバーの控訴が認められたことにより、ロンドン交通局(TFL)は試験の導入を延期せざるを得なくなりました。

<敗訴した時のニュースは以下>

www.nna.jp

 

世界中で似たような話が起こっていますね。

既存のタクシー業界とウーバーの戦い。

消費者にとってみたら安くて便利なウーバーがいいなと思うのですが、みなさんどうでしょうか。日本では全然導入されませんね。それだけ既存の業界のロビイング力が強いということでしょうけど、長期的に見ると既存の業界はかなり苦しいと思います。

行政が人間の移動コストを高めてどうするんだと。。。安倍首相とか、どう思ってるんですかね。一度聞いてみたいです。

 

とは言え、ロンドンでも同じようなことが起こっています。

そう、お馴染み黒キャブの運転手とウーバーの戦いです。

黒キャブ、たまに乗りますが、運賃高いですよ。。。ウーバーの倍近くする印象です。

ウーバーもクオリティはそんなに悪くないですからね。

それにロンドンではウーバーに加えて、キャブ(個別に手配するタクシーのようなもの)がかなり豊富です。

価格だけみるとキャブが一番安いです。ただ事前の予約が必要なので、その差がウーバーとのプライシングの差に出ているのかなと思います。

 

話がそれてしまいました。

で、既存の黒キャブ集団がTFLに働きかけて考え付いた規制案がなんとまさかの英語の試験導入です。しかも見たことないですが、結構難しいらしいです。なんでも最初はイギリス出身者も受けたくないと言っていたそうですからね。(黒キャブの運転手はイギリス出身者が多い)。しかしそれでは出身による差別に当たる(当たり前だこのやろーって感じですね)ということで、黒キャブの運転手も試験を受けなければならないとのこと。それでも十二分にアドバンテージはありますよね。

 

本件に対してウーバーがそんな規制は不当だとして裁判を起こしました。

試験がNGと言っているわけではなく、口頭でコミュニケーションがとれるレベルであればよいではないかというのがウーバーの主張。ごもっとも。

 

そしてなんとなんと、裁判の結果、ウーバー敗訴。

ええええええーーーーー。でした。というのが昨年の話。世の中何があるのかわからないものです。小泉時代抵抗勢力という言葉を久々に思い出しました。

 

けれでも粘るウーバー、控訴に持ち込みまして、なんとか控訴権を獲得し、それによってTFLは試験の延長を発表せざるを得なくなりました

<2017年6月28日付の紙面から>

www.cityam.com

 

そして2017年6月29日の新聞で今度はウーバーがやってくれました。

表と裏の1、2面を独占広告出しました。だだだーーん。

まずは表1面。

f:id:usokaramakoto:20170629051144j:plain

 そして表2面。

f:id:usokaramakoto:20170629051217j:plain

裏から2面。

f:id:usokaramakoto:20170629051226j:plain

裏面。

f:id:usokaramakoto:20170629051249j:plain

なんというか、ここまであからさまにやるともう楽しくなってしまいます。

今後もこの既存業界とウーバーの戦いは目が離せません。 

私はウーバーの主張が大々的に通ることを期待します!

 

<6月30日追記>

こちらのウーバーの広告ですが、同じものが6月30日付のイブニングスタンダードでも掲載されています。ウーバーの大々的な広告戦略でしょうか。少なくともこれだけ広告を出してくれたらメディアはなかなかウーバーを悪くは書けないでしょうね。だいぶ盛り上がってきました。

 

励みになりますのでクリックいただけるとありがたいです。

にほんブログ村 ロンドンランキング