ロンドン ウォーカー ~気ままなロンドンの歩き方~

旅行やお土産、ロンドン最新情報など、在住者の視点からロンドン初心者をナビゲート!時々つぶやきも・・・

秋のロンドン家族旅行で気を付けておきたいこと | 冬時間になるので天候・気温差には要注意!

いよいよロンドンは冬時間に突入。冬時間に入るとロンドンは一気に冬モードに投入します。日本はまだ秋なので、日本にいる時と同じ服装でロンドンに行くと痛い目にあいますよ!今回は秋のロンドンと東京の気候、気温を比較してみますので、旅行などの参考にしていただければと思います。

ロンドンは10月末から冬モード

ロンドンの気候は10月末から一気に冬模様に突入します。気温もそうなのですが、特に時間が夏時間から冬時間に切り替わるのがこの10月末のタイミング。朝が1時間早くなるため、たとえば朝6時に起きても周りは真っ暗という状況で起床することになります。真冬になると朝8時でもまだ薄暗いです。そして午後も3時半くらいになると暗くなってきます。言葉で表現してもなかなか伝わりにくいので、実際の気温と天気を比較して見てみましょう。

【スポンサーリンク】

 

天気を比較してみると一目両前

気温や天気を東京と比較してみるとその違いは一目瞭然です。

少し見にくくて恐縮ですが、左がロンドン、右が東京・港区。

10月26日金曜日から1週間の天気予報です。赤い丸印をつけていますが、この時期のロンドンは最低気温3度!!

最高気温が8度の日もありますよ!!!というか、もう寒いです。暖房をつけ始めています。

f:id:usokaramakoto:20181027195944j:plain

そしてなんといってもこの時期につらいのが天気が良くないこと。

月曜日から金曜日まで全営業日「雨」マーク。「ロンドンは今日も雨だった」と言われる所以です(笑)

【スポンサーリンク】

 

 

11月からはクリスマスモードでつらい時期を乗り越える

この時期はうつ病の発症率も高くなると言われているようです。

ですので、クリスマスを待ちに待って、気持ちを持ち上げていくしかないのです。

夏は外でパブ飲みしていたのが、もはや暗い室内で過ごすしかないのです。

しかもイギリス人(というか白人)は目の光への対応具合が日本人とは異なるらしく、部屋の明かりはいつも暗め。

このこともあって、本当にどんよんした気持ちになります。

ちなみに日本人のお子さんをイギリスに連れてきて生活する場合は、部屋のライトを明るいものに交換しないと目が本当に悪くなるので注意が必要ですよ。

【スポンサーリンク】

 

 

旅行には厚手の長袖が必要。コートも。

 少しは話がそれてしまいましたが、この気温から明らかなように、日本ではコート着はじめるかどうかの季節ですが、ロンドンには必携です。コートでなくても分厚い上着を持って行ってくださいね!できれば少し防水機能があるとパラっとした雨にも対応できて便利です。なので、フード付きがベストです。ロンドンのこの時期はざぁざぁ降りになることはそれほどないので、フードで対応できることも多いのです。

【スポンサーリンク】

 

子連れと老人は激しい気温差に注意したい

というわけで、長袖は必須なのですが、気を付けたいのが一日の中の寒暖差ではなく、日によって気温が全然違うことが多いという点です。

例えば、旅行の初日は結構暖かったのに、2日目以降急激に寒くなるなどということがあります。ですので、決して油断することなく、必ず暖かめにしておくことが大事です。老人の方や、子連れでロンドンにきた場合は、飛行時間も長くどうしても疲れ気味になり、風邪をひきやすくなってしまいます。できるだけ最新の注意をはらいましょうね。

【スポンサーリンク】

 

秋から冬のロンドンは余裕があれば海外旅行保険に入っておきたい

私はあまり海外旅行に入ることはないのですが、冬場のヨーロッパは空気が乾燥することと気温差が激しいこと、欧米人はマスクをしないことなどから死亡保障はなくてもいいので、病気になった場合にそなえて、余裕が少しでもある方は、安心のために保険に入っておくことをおすすめします。ロンドンのプライベート医院は結構な値段がしますので、特に疲れ気味の方なでは加入しておいたほうがよいでしょう。

 

それでは皆さんが安全で楽しい旅行になることをお祈りしています。それでは!

【スポンサーリンク】

 

 
www.ukjapan.club

 


www.ukjapan.club


www.ukjapan.club

【スポンサーリンク】

 

にほんブログ村 ロンドンランキング