London Walker(ロンドンウォーカー)

London Walker ロンドンウォーカー

イギリス旅行をお得に! 100倍楽しむイギリスの歩き方



 

どこが人気?UK・ロンドンでおすすめの観光地/体験/ツアー/見どころ100
英検準1級・1級合格のための勉強法 | 子育て主婦の奮闘

 

 

【英国王室御用達グッズ大特集!】ネット de 英国展(オンライン英国フェアー)

f:id:usokaramakoto:20191109173910j:plain

今回は皆さん大好きな英国王室御用達の中から素晴らしい逸品たちをご紹介します。

もちろん眺めるだけで十分楽しめるようにしています!へ~~こんなのあるんだ~と思ってもらい息抜きにしてもらえると嬉しいです。また、誕生日やクリスマスといった記念日の贈り物にももってこいだと思います。

皆さんのお気に入りのクラフトマンシップ溢れる名品が見つかるかどうか。是非試しに覗いていってください!それではさっそく見て行きましょう♪ 

 

Smythson(スマイソン)

1887年創業の元々は手帳ブランド。とってもエレガントな模様がプリントされた美しいカードや便せんは憧れの的。革製品が特に人気で、手帳だけでなく財布やペンケースなど一生ものの一品ばかり。彼氏、彼女だけでなく奥様やご主人へのプレゼントにも最適です。

 

TURNBULL&ASSER(ターンブル&アッサー)

1885年創業のイギリスでは超名門のシャツのエキスパート。ジェームズボンド、チャーチル、チャップリンなどの著名人が愛用していたことでも有名なブランド。おだやかな時間の流れを感じさせる趣きがあり、シャツ以外にもネクタイやカフスリンクがおすすめです。こちらは彼氏や旦那様、もしくは会社の上司への贈り物にもってこいです。

 

Trickers(トリッカーズ)

1829年創業の革靴の老舗。日本でも有名ですよね♪ 革靴の聖地ノーザンプトンで作られる靴は最高の原材料と職人のクラフトマンシップ溢れる芸術品。カントリーラインは特に有名で実は地面からの衝撃を吸収する機能まであるそうです。まさに一生ものの逸品です。女性が履いても可愛いですよね♪

 

Fortnum & Mason (フォートナム & メイソン)

1707年創業。言わずと知れた英国デパートの最高峰の一つ。雨がよく降るロンドンのこんな素敵な折り折り畳み傘があったら気分の明るくなっちゃいますね♪

 

 SWAINE ADENEY BRIGG(スウェイン・アドニー・ブリッグ)

1750年創業の超高級革製品を製造する老舗中の老舗。次の世代へと語り継ぐことのできる革製品の一つとしても有名で、お手入れするのが楽しくなる逸品です。こちらもジェームズボンドが愛用していることでも有名です。家宝としてどうでしょう。

 

 Barbour(バブアー)

1894年創業で英国紳士が狩猟で愛用することでも有名なアウトドアブランド。灰色の英国の冬にピッタリの名品です。

 

Ainsworths(アインスワース)

1974年創業と比較的新しい、ナチュラル素材を使ったホメオパシーのエキスパート。レメディを使って治癒力を高めていきますが、業界の中でも信頼の高いブランドです。

 

Prestat(プレスタット)

1902年創業のチョコレートの老舗。本格的なトリュフのあまーいショコラに舌鼓を打ちましょう♪ こちらは女性へのプレゼントやお返しにピッタリですね。

 

PENHALIGON'S(ペンハリゴンズ)

天然の花から抽出された格式高い素晴らしい香りが著名人からの人気を集めています。パッケージの美しさでも有名で女性への贈り物に良いとイギリス人からも言われる一品。

 

Charbonnel et Walker(シャルボネル・エ・ウォーカー)

1875年ロンドン創業。 こちらも可愛らしいパッケージで大人気の超有名な一品です。

プレスタットと並ぶロンドン2大チョコレートブランドと言っても過言ではないでしょう。

 

D.R.Harris(ディー・アール・ハリス)

1790年創業のスキンケア製品の代名詞。イギリスならこれを使いたい。最近はメンズにもおすすめ。アーモンドオイルのソープなら誰にでも喜ばれちゃいますね♪

 

ETTINGER(エッティンガー)

ハンドメイドにこだわりのあるロンドンの名門レザーブランド。2000年にはギフトオブザイヤーを受賞し、名実ともに英国紳士の愛する最高峰の逸品となっています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

英国王室御用達、いわゆるロイヤルワラントは実は1000品を超えるブランドが登録されており、英国ではスーパーマーケットなど普通の日常でも見かけるものです。しかし、こうやって選んで見てみると本当に年月を経て愛着が湧いてくる逸品が多いことが分かります。こういった長く愛される物が多いことも英国が愛される一因なのかもしれませんね。それでは。 

 

にほんブログ村 ロンドンランキング