London Walker(ロンドンウォーカー)

London Walker ロンドンウォーカー

イギリス旅行をお得に! 100倍楽しむイギリスの歩き方



 

どこが人気?UK・ロンドンでおすすめの観光地/体験/ツアー/見どころ100
英検準1級・1級合格のための勉強法 | 子育て主婦の奮闘

 

 

イギリス・ロンドンに行く前に日本で準備すべき最重要なこと

f:id:usokaramakoto:20180806235006j:plain

イギリス・ロンドンに行く前にやらなければならないことと言えば、ポンドの準備だったり、ガイドブックの調達、電源変換プラグの購入などが挙げられると思います。しかし、私は物の調達よりも英語の「運用」に慣れておくことを強く推奨しています。

 

 

旅行、留学、駐在。イギリスを訪れるすべての人におすすめしたいこと

私がオススメするのは事前に英会話をいくつか経験しておくことです。

 

以前もいくつかイギリス独特のいわゆる「イギリス英語」を紹介してきましたが、アメリカ英語を習ってきた日本人にとっては最初はイギリス英語を聞き取れないことが非常に多いです。また、日常生活で使う表現も違うことが多いので慣れるまでは苦労します。

具体的には特に発音。あえて挙げるなら「T」の発音が非常に強いです。あとはイギリスの方がより日本のカタカナ読みに近い発音です。慣れると、アメリカ英語よりもイギリス英語の方が日本人にとっては心地好いと思います。

 


イギリスに入って苦労するのは、まずは日常会話

これは慣れていないと本当に苦労します。特に、日本で英語を勉強したことがある人は世界的に見ても、文法はなんとなくわかっている人が多いです。しかし、しゃべることになると、世界的に見ても苦手意識を持っているのが日本人です。これはもそも英語でしゃべる訓練をしていないことが最大の原因です。

ですからロンドンで語学学校などにいくと、日本人はまずはしゃべりを強化させられることが多いと言います。

 留学生や駐在員は自分の専門分野についてはある程度学習していたり、仕事で使うことなどがあって、そんなに苦労しないことが多いです(もちろんいきなり外国に行くことになってとっても苦労する人も結構いると思いますが)。

でも日常の会話を英語ですることができない人が非常に多いように思います。

 

 イギリス人はおしゃべり好き

イギリス人はとーってもおしゃべきが大好きなので、例えばオフィスの給湯室や学校の休み時間などに英語で「最近どうよ?」的に話しかけられることもしょっちゅう。

旅行者の人も、普通にスーパーのレジで買い物していても、レジ打ちのおばちゃんから英語で「元気、どう?」とか(イギリス独自表現)「キャッシュバックいる?」(デビットカードの機能を使って、レジで現金を引き出すことができるので、引き出ししますか?という意味であり、おつり要りますか?という意味ではありませんので要注意)などと話しかけられますので、全然話すことができないと恥ずかしい思いをしますよ。

しかもイギリス人は無言の間合いをすごく嫌うので、簡単でもいいのでなんらかの英語でのリアクションがあったほうが圧倒的にベターです。

 

英会話では動詞をマスターするのがおすすめ

短時間で英語力を向上するためにはどうしたらよいか、これには実は「解」があります。それは「動詞」のボキャブラリーを増やすこと、動詞の表現パターンを増やしていくことです。英語を聞き取るときもはじめの1単語と「動詞」に集中しましょう。

動詞は文章の中でコアになるもので、動詞が分かると文脈を推測することが非常に容易になるのです。逆に動詞が拾えないと、どの分の意味が全く分からないということも容易に想像できますよね。

ちなみにこのテクニックは試験でも使えます。英検とかTOEICとかのリスニング、ヒアリングのパートでは必ず動詞に注意すると良い結果につながるでしょう。

 

 

日本でやるならオンライン英会話がおすすめ

日本で英会話をやるなら実際にベルリッツやイーオンなどに行くというのは一つの選択肢ではあると思いますが、如何せんコストが高いですよね。しかも忙しい学生やビジネスマンの方にとっては時間の制約も大きく負担がすっごくきついと思います。そもそも外国に行く準備もしなければならない中で、悠長に学校に通う時間すらもったいないと思います。

そんなときにおすすめなのがオンライン英会話です。会社や学校の会議室で、昼休みや授業後、仕事後や空き時間にスマホがあればできるので非常に便利です。しかもコスト圧倒的に安いというのも挙げられますが、私がオンライン英会話を選ぶ理由は実は他にもたくさんあるのです。

 

 

オンライン英会話を選ぶ際のポイント

・価格満足度

これはさきほども触れましたが、価格メリットが大きのは魅力の一つですよね。

最近はではかなり高品質のクオリティを保ちつつ、1レッスン150円~という破格のレッスンを提供している会社もありますので、試してみる価値は十分あります。しかも無料レッスンまで付けてくれる会社もあるので、試して損はないでしょう。

・レッスンプラン充実度

次に挙げられるのはレッスンプランの充実度ですね。イメージされる状況が学校なのか職場なのか、はたまたパブなのかなどによっても求められる会話のバリエーションは全くことなりますので。

・予約のとりやすさ

予約の取りやすさは実は重要なポイントの一つ。折角オンラインレッスンにしたのに、自分の都合の良いタイミングで予約がとれなければ意味がないですよね。そういった意味で豊富な講師がいるところ(=業界大手)が良いでしょう。

 

・教材のバリエーション

オンライン英会話では教材を無料で提供してくれるところもあります。特にバリエーションの多さを売りにしているところはお客様目線がしっかりしていることが多く、好感度が高いです。

・講師のバリエーション

講師のバリエーションは選択する際に考慮すべき事項の一つです。さきほども触れましたが、イギリス英語は独特なので、できればイギリス人のようなネイティブもしくはヨーロッパ(含む東欧)などの講師が多い方が良いです。

フィリピンの講師も悪くはないですが、ここは思いっきりアメリカ英語になるので、まぁ英語に慣れるだけ、という目的であれば全く問題ないでしょう。

 イギリス・ロンドンは他民族国家ですからね。色々な国の人と話をしたことがあるということも現地に着いてから自分の自信にもつながってきます。

新年の目標として始めやすい

オンライン英会話は、新年の目標としてはもってこいだと思います。2020年の東京オリンピック、日本の移民受入れの拡大、仕事での英語力必須化、子供英語科目の導入など英語の存在感は10年前までとはけた違いでしょう。そして、毎年、今年は英語をやる!と意気込んで、結局は継続できなかった人も多いのではないでしょうか。

今まで失敗してきた人に私がお勧めするのは、はじめは回数の少ないプランにして、それをしっかりやり切って、やり切るクセをつけるというものです。段々英語やレッスンに慣れてきて、しかも少ない回数でもしっかり事前に決めたレッスン数をやり切ることで自信もついてきます。これが段々と英語全体に対する自信にもつながってくるものです。

 

いかがでしたでしょうか?12月の年末、できれば1月中には新しい目標に向かってスタートダッシュして見るのも悪くないと思います。

筆者が実際にいくつか使って良かった会社のリンクも掲載しておくので、概要だけでもチェックして損はないと思います。

にほんブログ村 ロンドンランキング