ロンドンからこんにちは

在住者がロンドンの旬なお役立ち情報やオリジナル記事をお届けします!皆さんからの「いいね」を支えに頑張ります!

ロンドンで絶対にやっておきたい100のこと (その7 : 61~70)

在住だからこそ分かる、ロンドンを中心としたイギリス旅行で一度は経験しておきたいオススメの見る、食べる、遊ぶ(体験する)、買うを一挙ご紹介致します!きっとあなたにピッタリの目的地が見つかると思います!ちなみに★(星)10段階評価で勝手にお勧め度合いを格付けしていますので、どこにしようか迷った際の参考にしていただければと思います。今回は61~70番目をご紹介します!

 

それでは61からはじめます!

 

【スポンサーリンク】

61.チェルシーフラワーフェスティバル ★★★★★★★

世界最大規模のフラワーフェスティバルといわれるこちら、日本からも出展されている方がもいらっしゃるようです。季節限定で、チケットも結構高額になりますが、一度は行ってみてもいいと思います。予約が殺到するほどではありませんが、ほどよく完売してしまうこともありますので、興味があればはやめに買っておいたほうがいいでしょう。

f:id:usokaramakoto:20180728110712j:plain

 

62.キューガーデン ★★★★★★★★★★

ロンドン西部にあるとても広大な庭園です。有料ですが、その分管理も行き届いており、熱帯の動植物なども見ることができます。中には日本庭園エリアもあります(日本人にはあまり見どころはないですが・・・)。

エリア自体本当に広くて、イギリスのこういう公園の文化の奥深さに驚かされます。

広いので、一日かけて行って、へとへとになってしまいますが、5月から6月ごろに満開の花を見にいくのがおすすめです。

f:id:usokaramakoto:20180728110735j:plain

 

63.プーカントリー ★★★★★★★★

ロンドンから南下したケント州にあるクマのプーさんのモデルになったところです。

地球の歩き方などにも小さくしか掲載されていないのですが、日本人からの人気は結構高いですし、意外にも日本人以外の観光客も多いです。とはいえ、かなりの田舎町にあり、のんびりした時間が流れる中で、本当のクマのプーさんの舞台が今でも現存しているというところに衝撃を受けます。小川にかかった橋の上から小枝を落として、どの枝が早く流れるかというまさにクマのプーさんの物語の中の遊びをリアルに楽しむというのがこの場祖での楽しみ方です。ちなみにほとんどの方がトライします。また、このエリアはとても景色がよいので、電車とバスで行く方法もありますが、車で行って、周辺の景色スポットを楽しまないと絶対に損ですよ。

写真はプーさんの投げ橋への道案内の標識。ぬいぐるみは持参です(橋の先に木のほこらがあり、そこにはぬいぐるみが置かれていました)。

f:id:usokaramakoto:20180728104608j:plain

こちらの写真は、このエリアから眺めることができる景色。ぜひ車で行かれることをおすすめします。

f:id:usokaramakoto:20180728104750j:plain

 

64.ロンドンアイ ★★★★★

ロンドンの観覧車といえばロンドンアイです。ビッグベンの対岸に建っているこの観覧車ですが、高さも結構あり、ロンドンの街中を一望することができます。ただし結構な値段がします。個人的には無料のスカイガーデンのほうがいいと思いますが、別にお金なんて関係ないという方は試してみても損はないでしょう。

f:id:usokaramakoto:20180728110757j:plain

 

65.バース  ★★★★★★★

ロンドンからは西に少し離れたとこにあるとても美しい街がバースです。英語のお風呂の語源となったというこの街には、本当に大浴場があります。これはローマ人がイギリスに侵攻してきた際に建造したというわれるもので、本当に規模や雰囲気など、遺跡としてもすばらしいものだと思います。街並みをおそらくローマ統治時代の名残なのだと思いますが、道路の構成や街に使われている石畳が白っぽいものが使われており、これが街の美しさを引き出しています。イギリスはローマ人の影響をかなり受けており、子供たちも小学校の教育でかなりローマやローマ人のことを勉強します。イギリスにいると当時のローマ人がいかに偉大であったかを肌で感じることができます。

f:id:usokaramakoto:20180728110817j:plain

 

【スポンサーリンク】

66.ヨーク ★★★★★★★★★

写真はイギリスの観光本などで表紙を飾ることがあるシャンブルズの写真です。

当時肉屋などが多かったこの商店街では、あえて建物を斜めに作り日陰を作ることで生鮮食品の腐敗を遅らせていたのだとか。今は観光地ですが、それでもとっても雰囲気のあるイギリスらしい場所です。

f:id:usokaramakoto:20180728104514j:plain

 

67.チェルシースタジアム ★★★★★★★

 サッカーファンにはたまらないチェルシースタジアムです。

イギリスではサッカーではなく、フットボールと呼ぶのが正しいです。正しいというか、サッカーと言うと、それは違うと正されます(笑)

チェルシーはロンドン中心にほど近いところにあり、なんとなくお高い感じのチーム。そう、日本のプロ野球でいうと巨人みたいな感じです。

スタジアムは最高にきれいです。ぜひツアーなどでも一度行かれることをお勧めします。

f:id:usokaramakoto:20180728110850j:plain

 

68.アーセナル ★★★★★★★

 個人的にはチェルシーよりもおすすめなスタジアムはこちらのアーセナル

日本でも超がつくほど有名なチームですよね。スタジアムの大きさ、ピッチの美しさ、運営の上手さ、チームの強さ、何をとっても一流のチームの一つです。私の周りにはアーセナルファンが非常に多かった気がします。(アーセナルチェルシーマンチェスターユナイッテッド、リバプールトットナムあたりが人気があります)。街中のスポーツショップなどにいくと、バルセロナのユニフォームなども多く売っています。レアルマドリードよりバルセロナの方が圧倒的な人気なようです。

f:id:usokaramakoto:20180728111110j:plain

f:id:usokaramakoto:20180728111441j:plain

 

69.トットナム ★★★★★

 熱狂的なファンを多く抱えることで有名なトットナムホットスパーズです。こちらはロンドンからやや北東部にいったところにあるホワイトハートにスタジアムが存在します。ここ1年以上はスタジアムの改装工事を行っておりましたが、つい先日、2018年の夏ごろにスタジアムが完成しているようです。地理的にはあまり治安の良い場所ではありませんが、まぁ、イギリスなのでそこまで深刻な不安は不要でしょう。いずれにせよ、トッテナムチェルシーが試合をする際は、ファン同士のぶつかりあいが激しいことでイギリス内でも有名です。日本で言うと、巨人対阪神・・・かな。。もっと激しいですが・・。チェルシースタジアムで試合のチケットをとるよりも、トットナムでとるほうがとりやすいと思われます。アーセナルからもさほど離れていませんので、一日で2つまわることも十分可能です。

個人的にはサッカーファンであれば、せっかくイギリスやロンドンに来たのであれば、この3つのスタジアムは行っておきたいところだと思います!いずれのスタジアムも入場できる時間などが厳しく管理されていますので、事前にインターネットで確認・予約してから行くようにしてくださいね。外から写真をとる分には予約は不要です。

f:id:usokaramakoto:20180728112003j:plain

 

70.O2アリーナ ★★★

 こちらはライブなどのイベント会場として超有名なO2アリーナです。

収容人数は2万人程度とそこまで巨大ではないですが、その外観やロンドンオリンピックでも会場のひとつとして使われたことからなんとなく記憶に残っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ボンジョビのライブやNBAの公式戦なども行われていました。最近で有名なのは、テニスのATPファイナルですね。ここはウィンブルドンではなかなか見れないフェデラーナダル、錦織選手などの試合を観戦することができます(とはいえ座席は値段によって見えやすさがかなり異なりますが、チケットはウィンブルドンより断然とりやすいです)。アリーナを見に行くというよりは、イベントを見に行く場所です。オススメは上述のATPファイナルです!

f:id:usokaramakoto:20180728112046j:plain

 

 

【スポンサーリンク】

 

81番目以降も続々アップしていきますので楽しみにしていてください。

トップページ(1~10番目)に移動するにはコチラ↓

www.ukjapan.club

 

少しでも楽しんでいただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村 ロンドンランキング