ロンドンからこんにちは

在住者がロンドンの旬なお役立ち情報やオリジナル記事をお届けします!皆さんからの「いいね」を支えに頑張ります!

ロンドンで絶対にやっておきたい100のこと (その5 : 41~50)

在住だからこそ分かる、ロンドンを中心としたイギリス旅行で一度は経験しておきたいオススメの見る、食べる、遊ぶ(体験する)、買うを一挙ご紹介致します!きっとあなたにピッタリの目的地が見つかると思います!ちなみに★(星)10段階評価で勝手にお勧め度合いを格付けしていますので、どこにしようか迷った際の参考にしていただければと思います。今回は41~50番目をご紹介します!

 

それでは41からはじめます!

 

【スポンサーリンク】

41.ウィンザー ★★★★★★★

エリザベス女王の週末の避暑地としても有名なこの場所ですが、2018年はロイヤルウェディングの舞台そして、トランプ大統領が訪英した際にエリザベス女王と会った場所だったことで一際その存在が目についた年でもありました。ここはヒースロー空港からやや西に行ったところにあり、ロンドンの喧噪を忘れるにはちょうどよい田舎の風景が広がっています。かといって、ロンドンからもさほど遠くはなく、なんとなく日本で言うと葉山の御用邸といった感じだと思います。しかしながら中の調度品などは豪華絢爛で、やはり英国皇族がいかにお金持ちであるかを物語っています。パリのベルサイユ宮殿に行かれた方は雰囲気がつかみやすいと思いますが、ベルサイユ宮殿の中とちょっと似た感じを受けます(ただし規模はベルサイユの方が圧倒的ですが)。日本からの観光ですと、レゴランドからもほど近いので、天気の良い夏の日にレゴランドと合わせて1泊2日でロンドン市内から出かけるのがリーズナブルだと思います。

f:id:usokaramakoto:20180718222702j:image

 

42.リーズ城 ★★★★★

世界一美しい城と言われることもあるというリーズ城ですが、たしかに佇まいは美しいものがあります。庭や城の造りは、要塞というより大庭園、もしくは大邸宅といった感じです。

ロンドンからは東に行ったケント州にあり、またロンドンとは違った雰囲気を味わうことができます。池にはブラックスワンが普通に飼われていますので、動物と戯れることもできます。ただ、入場料がいくぶん高く、基本は年間パスになっているため、日本からの旅行で行くには少しだけハードルが高いと思います。リーズ城に近いエリアには牡蠣で有名なウィッタブルという小さくてかわいい町や、カンタベリー大聖堂などがありますので、これらとあわせて、ロンドン東部ツアーで1泊から2泊して行かれるのがよいのではないかと思います。

f:id:usokaramakoto:20180718222720j:image

 

43.パディントン ★★★★

パディントンのクマで有名なのがパディントンの駅です。この駅はヒースロー空港とロンドン市内を結ぶ急行列車、ヒースローエクスプレスの発着駅となっています。パディントン駅には、パディントンのクマが描かれたベンチや、クマの銅像、お土産屋があり、パディントングッズを購入することができます。ロンドン市内に出張などで来られるビジネスマンの方はこの近辺に宿泊されることも多いようです。日本だと新宿というより上野や品川といった位置づけになるかと思います。

f:id:usokaramakoto:20180718222742j:image

 

44.クラリッジス ★★★★★★★

高級ホテルですが、ここはアフターヌーンティーが有名で、三か月前から予約しないと週末は入れないことで有名です。ホテルとしての雰囲気、立地、サービスも確かに一級品です。週末は日本人のピアニストの方がアフタヌーンティーのエリアで演奏されることもあるのだとか。アフターヌーンティーが有名なホテルやレストランはいくつかあり甲乙つけがたいところはあるのですが、ここは1番良いところの一つであることは間違いありません。インターネットで予約が完了するので、英語で電話で予約するのはちょっとハードルが高いという方にとっても行きやすいでしょう。ちなみに、アフターヌーンティーのお値段は日本での感覚だとサンドイッチに1万円!!?的な感じになりますので、まぁそこは雰囲気代だと思って楽しみましょう!

 

45.サボイ ★★★★

こちらもロンドンの超高級ホテルの一つで、クラリッジスと同じく宿泊だけでなく、アフターヌーンティーも有名です。宿泊に関しては世界の要人が宿泊するロンドン市内のホテルの一つですの、もし宿泊できるチャンスがあればぜひぜひトライしてみてください!一気に英国に来たーーーという雰囲気に浸れます。

 

【スポンサーリンク】

46.フォートナムメイソン ★★★★★★★

ターコイズブルーの色が高級感を漂わせるこの高級デパートは、日本人からの人気1位と言っても過言ではないでしょう。売りはやはりなんと言っても紅茶です。日本で買うと、えっ、紅茶に何千円も!となるものが、イギリスではそれなりに購入しやすい金額で売っています(それでもかなりお高いですが)。味は、確かに飲み比べると洗練された味であるとは思います。ただ、一杯だけ出されて、銘柄を当てるとなると普通の人には難しいと思います。フォートナムメイソンはクリスマスのシーズンは可愛らしいオーナメントが盛りだくさんで、ショーウィンドーもとてもかわいらしく飾り付けされます。また銀食器(カトラリー)なんかもとても品があって素敵です。個人的なお勧めはセールシーズンの6月と、クリスマス前です。こちらデパート内にアフターヌーンティーができるサロンも入っており、こちらも日本人には人気となっています。個人的にはクラリッジスやサボイの方がより高級感があると思います(なぜならデパート内で売っている食器が使われていたりするから)。

 

47.ハロッズ ★★★★★

日本でもとっても有名な高級デパートのハロッズ。こちら、イギリス内では最高級デパートだと思います。立地もですが、品ぞろえ、規模、値段、すべてをとっても超一流がそろっています。とりあえず初めて行く方は、受付を探すなどして、デパート内のマップを手に入れましょう。広すぎて本当に迷いますよ。。。 色々とお値段のはるこのデパートですが、店内にはいくつかイートインで食事がとれるようになっているので、一度試してみるのも悪くはないと思います。

 

48.カンタベリー大聖堂 ★★★

英国内では最大規模を誇る大聖堂です。比較的こじんまりとしたカンタベリーの小さな町にどーんとそびえたっています。カンタベリーは、他にあまり見どころがなく、かつ教会をちょっと見飽きてしまった、、、という方にはさほどおすすめはしません!(それでも由緒正しい素晴らしい聖堂であることは間違いありません!)

f:id:usokaramakoto:20180718222859j:image

 

49.ウィッタブル ★★★★★

ロンドンから東にある小さな海辺の町です。イギリスの海辺の町!!!という雰囲気に包まれたこの町は、潮の香と可愛らしい町の雰囲気がマッチしてとてもよい空気が漂っています。この町は牡蠣が有名で、7月にはオイスターフェスティバルが開催され、毎年大勢の観光客がつめかけることでも有名です。イギリスでは牡蠣は年間を通じて食べることができます(ただし、品種は時期によって異なります)。個人的にはやはり冬の方が美味しい気がします(固定観念かもしれませんが・・・)。カンタベリーから車で20分ほどの距離ですので、大聖堂とあわせて観光するのが効率的だと思います。

 

50.セブンシスターズ ★★★★★★★★

こちらはロンドンから南下したところにある海辺の町で、特にチョークでできた真っ白の断崖絶壁が有名で、息を飲む美しさです。ハイキングを楽しんだり、化石掘りをしたりすることができるとても素敵な場所です。また映画ハリーポッターでも撮影場所として使われています。ロンドンから日帰りすることも可能ですので、もし、一日余ってどうしよう・・・とう感じでしたらオススメできる場所です。ちなみに断崖絶壁は柵などなく、また崩れやすいので、結構な数の方が落下してしまうのだとか・・・・。本当に命を落とすことになるので、くれぐれも無茶ななことはしないようにお願いします。

f:id:usokaramakoto:20180718222918j:image

 

【スポンサーリンク】

 

51番目以降も続々アップしていきますので楽しみにしていてください。

トップページ(1~10番目)に移動するにはコチラ↓

www.ukjapan.club

 

少しでも楽しんでいただけましたら、クリックお願いします!

にほんブログ村 ロンドンランキング