ロンドン ウォーカー ~気ままなロンドンの歩き方~

旅行やお土産、ロンドン最新情報など、在住者の視点からロンドン初心者をナビゲート!時々つぶやきも・・・

ロンドンに行くならJALの深夜便エコノミークラスが絶対にお得な理由 | 在住者の視点 羽田空港 イギリス 飛行機 女子 観光 マイル 土産 フライト

在住者視点から東京からロンドンに移動する際に選びたい手段を検討。2017年10月に就航したJALの羽田深夜発便がとってもお得で便利であるという結論!在住者支店でおすすめする理由をお伝えします。

JAL羽田発ロンドン行ー深夜便とは

f:id:usokaramakoto:20181012005810j:plain

JL041 毎日 東京(羽田)01:55発 ロンドン 06:25着

羽田発ロンドン行の深夜便とは2017年10月に始まった深夜2時頃に羽田を出発し、早朝6時半ごろにロンドンヒースロー空港に到着する便のことを指しています。

東京からロンドンに直行している航空会社は実は少ないです。JAL、ANAそしてJALと提携しているBritish Airways(BA)の3社が、羽田もしくは成田空港からロンドンヒースロー空港に直行便を運航しています。以前はバージン航空が直行便を運航していたのですが、消費者から見ると非常に残念なことに2015年に撤退してしまったこともあり、現在は、JALグループとANAの一騎打ちになっています。

2017年9月まではJALもANAも東京ロンドン間は1日1便(似たような時間帯)だったのが、JALだけ増便の2便になった形です。

【スポンサーリンク】

 

 

おすすめの理由① エコノミークラスでもあのサクララウンジが使える

1点目についていえば、JGC会員やプレエコ以上のグレードでないと基本的には使えないサクララウンジを夜に使うことができるので、出発までかなりくつろげること、夕食代もかからないことなどがメリットとして挙げられます。

 

まぁ、サクララウンジはプレエコでも使えるし、世の中で宣伝されるほど華美でもないし、実際はそんなに敷居は高くはなく、世の中騒ぎすぎだとも思うんですが、、、ただで使えるものは使っておきましょう(笑)

 

 

また、以下の点は気を付けましょう。

■ラウンジの受け付け開始時間は23時半以降
■サクララウンジ5階を利用(受付は4階)
■シャワールームは利用不可

 

ビジネスクラスで移動を考えている方にはこの点は優越感を感じにくくなってしまい、なんとなく損した気分になってしまうのですが、そこは夜中にフラットシートで寝れるという利点が最大限活用できるので、そこで元をとってください!(笑)実際そうだと思います。

【スポンサーリンク】

 

 

おすすめの理由② あの過酷な時差ボケとおさばら

サクララウンジの方が結構騒がれていますが、実は本当にメリットが大きのは深夜発で早朝につくので、飛行機でまさに就寝時間を過ごすことができるという点です。東京ロンドンの12時間のフライトで最もきついことは何かというとそれは時差ボケです。しかしこのフライトであれば、まさに就寝と起床のタイミングを深く考える必要がないのです。夜中2時までがんばって起きておいて、10時間くらい寝ておきればよいのです。時差ボケどころか体調万全です。しかも他のフライトだと搭乗後しばらくすると機内食が出てくるのですが、深夜便はこれも出ません!つまり寝てくださいねーということなんです(代わりにサクララウンジが使えるし、そっちのほうが機内食より断然おいしいですし)。

【スポンサーリンク】

 

 

おすすめの理由③ JALの新しいエコノミークラス(国際線)は座席がめちゃ広い

最近のJALのエコノミークラスは本当に座席が広いです。プレエコに乗るのがばかばかしくなります。ビジネス出張もエコノミーで十分。ビジネスクラスで出張に行っているような会社はしっかり見直しした方がいいでしょうね。

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

 

おすすめの理由④ 他の時間よりも運賃が安いことが多い

JALホームページ上だと同じ値段で表示されていることがほとんどですが、割引サイトなどで調べるとこちらの深夜便の方が多少割安で、座席にも余裕があることがおおいです。まだまだこの便の良さが浸透していないことが分かりますし、だからこそねらい目だと考えます。

【スポンサーリンク】

 

 

おすすめの理由⑤ 翌日が丸々使えるので時間効率が圧倒的に高い

ビジネスマンにとっては、自分の休息の時間に移動しなくてはならないのでちょっときつい側面も実はあるのですが、、、頑張りたい方(翌朝から仕事しないといけないので)にはおすすめです。楽しい休日で海外に行かれるかたは、海外での滞在が1日増やせるくらいの感覚でいられるのではないでしょうか。

忙しい日本で休暇をとるのは大変だと思いますが、フライトを工夫することでだいぶ活動する時間がつくれますよね。

 

いかがでしたか?これだけメリットがあればこの深夜便を使わない手はありません。

さらにさらに、金曜日の業務後にホップインすることもできますし、ヨーロッパへの乗り継ぎにも効果てきめん、さらにはヒースローの入国も混雑前の時間でかなりスムーズなことが多いです。

皆様のロンドン旅行にぜひぜひ活用いただき、ロンドンでの楽しい滞在につなげていただければと思います。それでは!

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

www.ukjapan.club

 

www.ukjapan.club

www.ukjapan.club

【スポンサーリンク】

 

にほんブログ村 ロンドンランキング