ロンドンからこんにちは

在住者がロンドンの旬なお役立ち情報やオリジナル記事をお届けします!皆さんからの「いいね」を支えに頑張ります!

イギリス土産をスーパーマーケットで!

こんにちは。今回はお土産をスーパーマーケットで調達することを念頭におき、どのようなイギリスのスーパーマーケットがあるのかを紹介していきたいと思います。まず、イギリスは観光国なのでスーパーマーケットなどでも良質のお土産を買うことができます。でも行く店を間違えるとなかなかいい物に巡り会うことができなかったりします。この記事をきっかけにしてどんな雰囲気のスーパーが存在するのかイメージを持っていただき、お土産探しの参考にしていただければと思います! 最後に私の選ぶお勧めランキングも書いておきますのでそちらもご参照ください!

 

<駐在員妻が好む・高級系>

まずは高級系からいきたいと思います。

一番有名なのはウェイトローズです。

f:id:usokaramakoto:20170702052339j:plain

こちらはトートバッグやクッキー、紅茶、陶器などオリジナル商品多数。そしてイギリスらしいセンスの良さがあります。食材も安心感があり、日本の紀ノ国屋のような感じです。感覚的にはもう少し敷居は低いですが、駐在員の人達の間では、駐妻ご用達のお店と言われたりもしています。もちろんローカルの人も大勢買い物しています。ここのスーパーの良さは、大手デパートのジョンルイスの系列であることです。イギリス人がまずは安心感をもって行くデパートの代名詞がジョンルイスと巷では言われていますので、ここの系列であることが更なる安心感を生んでいます。ジョンルイスのオリジナルブランドがウェイトローズで売っていたりもします。別記事で紹介したクッキーなどもこちらで購入でき、品質もお勧めできるレベルです。

www.ukjapan.club

 

また、以下のページに記載しているテイラーズのローズレモネードもこちらのスーパーで購入可能です。

www.ukjapan.club

 

<イギリス人の本命・中堅>

M&S(マークスアンドスペンサー。エムアンドエスと呼ぶことが多い)ユダヤ人が始めたこのスーパー、コスパ高めの優良スーパーというのが評価です。オリジナル商品あり、食材良しのこのお店、独自の衣料品もあります。日本のイメージだと、イトーヨーカドーにプレミアム感を少し加えた感じです。

お菓子類が特にお勧めです。以前読んだかなり古い日本語の書籍にも「ある週末のパーティーにおけるご婦人達の会話」としてこのような話が載っていました。「あらそのドレスとっても素敵ね!」「あら、ありがとう!でもね、このドレスなんとM&Sなのー、ふふふ」「えーっそうなの、お買物上手ね!」といった会話がイギリス人社会でも繰り広げられていたとか。でもこの話、現代でも十分通じる話かなと実感します。昔からコスパの高さは健在だったんでしょうね。

 

<中堅〜やや安め>

テスコ

f:id:usokaramakoto:20170702052451j:plain

イギリスのシェアNo. 1と言われるのがテスコ。安いし、中には良いものもあります。日常使いには便利なスーパーで日本だとイオンのような感じです。ジャムや塩、紅茶などメーカーが決まっていればここで買うという選択は十分ありだと思います。規模が大きいこともあり、イギリス社会では時に叩かれることがあるのもこのテスコ。以前は馬の肉が牛肉として売られていたこともあったと聞いたことがあります。また規模の小さい仕入先への価格の圧力がすごいそうで、そういった負の側面が結構クローズアップされることもあります。

 

f:id:usokaramakoto:20170702052352j:plain

セインズベリー

モリソンズ

アスダ

この3つではセインズベリーまでがそれなりの水準として認知されています。紅茶やオリジナル食料品にはそれなりに良いものがあり悪くはないです。ややプレミアム感に欠けるのがネックかと思います。

 

<格安系>

リドル

アルディ

これらはドイツ系です。安くて美味しいのですが、やはりイギリスらしさに欠ける気がしますので、お土産向けにはややイマイチかと思います。ただスーパーとしては純粋に拡大しているので、見るだけでも楽しいスーパーです。

 

お勧めランキング

1位 ウェイトローズ

2位M&S

3位テスコ

 

やはりお土産にはイギリスらしさが欲しいので、オリジナル商品に長けているウェイトローズがイチオシです。お菓子であればM&Sもオススメします。ただ、これらのスーパーは市の中心部では小型店で展開していることがしばしばあり、そういった店では品揃えが限られていることがあるので注意が必要です。

またイギリスではビニール袋は有料です。そして有料で買ったビニール袋には穴が開けてあります。これは子供の窒息防止なのだとか。。

さらにイギリスではレジの支払い時に、キャッシュバック要る?と店員から聞かれることが度々あります。特にウェイトローズの店員さんは丁寧なことが多いのでかなりの確率で聞いてきます。このキャッシュバックですが、日本人はおつりだと勘違いしてしまうのですが、おつりではなく、銀行口座からのお金引き出しを意味します。イギリスはカード社会ですので多くの方がカード決済します。しかも30ポンド、だいたい五千円くらいまではコンタクトレスといって、機会にタッチするだけで決済が終わるという機能まであります。で、話を戻すと、銀行ではなく、スーパーのレジでお金を引き出せるわけです。ただし50ポンドまでですが。

スーパーマーケットに行くだけでも色んな文化や慣習を学べます。

さきほども記載のとおり、小型店は注意したほうがよいので、事前にネットで軽く下調べしておくと良いでしょう。皆さんのお気に入りのお土産が手頃な値段で手に入るといいですね。

それでは!

 

励みになりますのでクリックいただけるとありがたいです。

にほんブログ村 ロンドンランキング